漢方入浴剤「潤肌湯」で使用している生薬一覧

※以下にしめしている内容は、それぞれの生薬の持つ作用で
入浴剤の作用を示したものではありません。



トウキ トウキ「当帰」

当帰は中国の甘粛(かんしゅく) 省南部、四川(しせん)省で栽培されているセリ科のAugelica sinensis(OLIV.)唐当帰(カラトウキ)の根です。婦人病の主薬であり、鎮静、鎮痛、強壮薬として妊婦のむくみ、腹痛、月経痛などに当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、当帰建中湯などに配合されてます。 手、足を暖める作用が強いので、冷え性、血色の悪いもの、血行障害、頭痛、貧血などに広く応用されています。当帰には血管拡張作用、血小板凝集抑制作用、抗炎症作用、鎮痛作用、抗菌作用等、多くの薬理的効果が証明されています。


ジオウ

ジオウ「地黄」

ジオウはアカヤジオウという植物の根の部分です。アカヤジオウは古名をサオヒメといい、中国原産で淡紅紫色の美しい花をつけます。日本には、奈良時代に薬用の目的で持ち込まれました。古くから血を補って滋養する効果で知られている、重要な生薬です。保湿作用、通経作用、細胞賦活作用、柔軟化作用強壮解熱作用、治癒作用(白内障、老人性腰痛、前立腺肥大症、外傷、刺傷)、血糖効果作用などがあります。増血、解熱、強壮などの作用、血行障害やホルモン分泌障害にも効果があります。補血・強壮の薬として、貧血や虚弱体質の改善に使ったり、血が薄くて体力がない人、血がドロドロしていて打撲時に内出血しやすい人にも処方します。


シャクヤク

シャクヤク「芍薬」

典「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」には、芍薬(しゃくやく)の効能については腹痛、知覚異常を除き、刺すような痛みをとり、また発作性の痛みをとり、利尿(りにょう)の効き目があって、神経の安定によいという記述があります。シャクヤクは、漢方の要薬であり、婦人薬として利用度が最も高いです。 皮膚がかさかさして色つやが悪いという体質の人で、胃腸障害が無く、産後の疲労回復、月経不順、冷え性、しもやけ、しみ、血の道症などに用います。血液を滋養し、婦人科系の働きを整える働きがあります。漢方では益気・補血薬(婦人向けの強壮薬)として、月経不順・生理痛・冷え症(冷え性)・不妊症・帯下などに使われてきました。シャクヤクに含まれるペオニフロリンなどの有効成分には鎮痛鎮静・筋弛緩・抗けいれん・血管拡張・抗炎症など幅広い効果が報告されており、筋肉のこり・腹痛・身体疼痛・手足のひきつれ・胃けいれん・下痢などに応用されます。シャクヤクの根から抽出したエキス。冷え性など婦人病によくつかわれ、ペオニフロリンという成分が多く含まれる。消炎作用、収斂(しゅうれん)作用、美白効果がある。しみやくすみ対策や美白用として注目されている。


シャクヤク

オウゴン

オウゴンは、シソ科コガネバナまたは近縁植物の根を乾燥したもの。解熱作用、消炎作用、止血作用があり、消炎、解熱薬として、炎症、充血、発熱を伴う疾病、胸脇苦満、煩熱下痢などに良いとされる。血圧を下げる代表的漢方薬が「三黄瀉心湯」(さんおうしゃしんとう)で、肩こり、のぼせ、耳鳴り、不眠などにも効果がある。オウゴンエキスは、消炎、抗アレルギー、収斂(しゅうれん)などの作用があり、ひきしめや美白、紫外線予防に使われる。また、これらの作用に加えて、ニキビなど皮脂の分泌の原因となる男性ホルモンを抑制し、ニキビなどの肌トラブルをおこしにくくし、無駄毛予防も期待される。エイジングケアとしての、光加齢防止、UV防御、抗酸化(SOD様・過酸化物生成抑制)、美白といったはたらきも期待され、他の植物エキスとともに相乗効果を出すとされる。


クジン

クジン

マメ科のクララの根。アルカロイド(マトリン1~2%など)、フラボノイド、ステロールなどを含有する。美白作用、抗菌作用(にきび菌、フケ菌、水虫菌)、抗炎症作用(ハレモノ、あせも、)、皮脂分泌調整作用、坑老化作用(エラスチン分解抑制)。効能・用途:苦参(クジン)は、発汗作用、発散作用などがあり、解熱、鎮痛、止血、抗炎症、皮膚疾患に良いとされる。荊芥連翹湯(けいがいレンギョウとう)、十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)などの漢方方剤に配合される。クララエキス:化粧品ではクララエキスと呼ばれ、抗菌、美白、収れん、ニキビ・肌荒れ予防の効果や、血行促進と毛根細胞を活性化する効果があるといわれている。近年、皮膚のハリや弾力を低下させる酵素エラスターゼの働きを抑制する作用も明らかになっており、保湿剤としてスキンケア化粧品やヘアーケア化粧品などに配合されている。漢方ではかゆみや炎症をともなう皮膚疾患の外用薬として使用されます。クジンは、殺菌・美白・シワの防止に役立つとされています。手作りコスメでは、ニキビ・肌荒れ・日焼け肌のケア・ヘアケア用に、化粧水・美容オイル・クリームなどで使用します。クジンは、アンチエイジングにも良いといわれています。


インチンコウ

インチンコウ

カピルリン(capillin)、カピルレン(capillen)、カピラリン(capillarin)、カピラリシン(capillarisin)など:清熱利湿・退黄疸解熱作用・利胆作用・抗菌作用・抗ウイルス作用・抗真菌作用・脂質降下作用・降圧作用など.抗炎症・抗アレルギー作用などがある為、ジンマシン、むくみの治療や、美容美白などにも応用されます。インチンコウエキス(カワラヨモギエキス)を使用している化粧品も多数発売されています。


このページの先頭へ